フルハーネス型安全帯

2月19日に本社近くの高浜町立和田公民館の研修室でフルハーネス型安全帯使用作業特別教育を行いました。安衛則の改正に伴いフルハーネス型安全帯使用作業特別教育が必要になります。
法改正では高さ6.75m以上で作業する場合は同ベルト型(1本つり)が使えなくなり、大手ゼネコン等ではすでに現場入場はフルハーネス式の安全帯使用と言われています。
法改正施工日が2019年2月1日からという事で対応が迫っていました。

今回は講師に栗田労安コン・技術士事務所の所長 栗田道信様を講師にお迎えし、学科、実技の特別教育をしていただきました。

午後からは本社でフルハーネス式の安全帯を使用しての実技と、転落した場合の対処方法を教えていただきました。
     

特別教育には弊社のスタッフ41名が参加しました。
これからも事故なく安全に作業ができるよう努めていきます。

(本社 大杉)

 

福井・京都・滋賀・兵庫での足場レンタル、仮設資材、住宅用足場、吊り足場、法面2号のご用命は
フクムラ仮設株式会社

ページ上部へ戻る