フィッシングメール

先日、Amazonをかたったフィッシングメールの記事がありました。
なかなか巧妙になっているので紹介したいと思います。


私はあやしいメールの場合に差出人を確認するのですが、いままではメールアドレスの部分が変なアドレスになっているものが多く、それで判断していました。
今回は info@amazon.co.jp なので、スルーしていたと思います。


そして、アカウントの更新を押すとフィッシングサイトに誘導されます。
そこで情報を入力すると個人情報が盗まれてしまいます。

記事の中にも書いてありますが
メールのURLは開かない、という基本を守れば問題ありません。
自分でAmazon.co.jpのウェブサイトを開いてサインインすればいいのです。

たしかにメールからではなく、Amazonのサイトからサインインすることで防ぐことができます。

しかし、手を変え品を変えていろいろとやってくれますね。
みなさん、注意しましょう。

詳しくはINTERNET Watchの記事へ>>

(本社 大杉)

 

福井・京都・滋賀・兵庫での足場レンタル、仮設資材、住宅用足場、吊り棚足場、法面2号、モンキーステップのご用命は
フクムラ仮設株式会社

「トピックス」最新投稿

ページ上部へ戻る