法面2号ユニバーサルユニット自在階段のメリットとは?

法面2号を使うメリットご存知でしょうか?ご存知の方も、ご存知でなかった方もいらっしゃいますよね。ここでは法面2号の使用した際のメリットをおさらいしたいと思います。

メリットは大きく上げて3つあります。

 

まず1つ目は、

工事成績評定において加算の対象となる

新技術の活用を提案すれば工事成績評定に加算されます。

「法面2号ユニバーサルユニット自在階段」は 事後評価済み技術(2011.05.24) のため、活用効果調査表の提出の必要はありません。

つまり、法面2号を使うだけで 工事成績評定が最大1.6点加算されます。

 

続いて2つ目のメリットです。

コストの縮減、工期の短縮

NETIS 新技術情報提供システム 法面2号ユニバーサルユニット自在階段 従来技術との比較
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail2.asp?REG_NO=KT-090046&TabType=2&nt=nt

上項に新技術と従来技術との比較が詳細に掲載されています。

 

まずコストについてですが、

562,610円  → 307,990円

と約25万円も圧縮。

 

続いて工期は、

9日 → 1.5日

と、1/6まで短縮できるのです。

 

内訳については上記ページに詳しく書かれていますので是非ご覧ください。

 

最後に3つ目のメリットです。

総合評価方式での提案で加点の対象に

総合評価方式において法面2号を提案した場合、加点の対象となります。加点の方法は提案を行った地方整備局等により異なりますが最大2点の加点される場合があります。

 

まとめ

つまり、

「法面2号を使うだけ」

で、工事成績評定で加算され、コストは縮減でき、工期も短縮、総合評価方式での提案で加点の対象になる場合がある、メリットしかないシステムなのです。しかも、活用効果調査表の提出の必要もなく、煩わしい書類の提出もありません。施工前の事前申請だけでできるのです。

つまり、法面2号は使わないと「損」なのです。

ご興味を持たれましたら是非 お問い合わせ ください。
ご連絡お待ちしております。

 

平成24年度「推奨技術」 法面2号ユニバーサルユニット自在階段
NETIS登録番号:KT-090046-VE

ページ上部へ戻る