労働安全衛生規則(安衛則)改正に伴うフクムラ仮設の取組 その3

アサヒ産業株式会社様より、「建地と床付き布わくとの側面との隙間について」の
資料が配布されましたのでお知らせします。 

①ミレニュームの場合と枠組の場合のさまざまな場合での隙間を検証した資料です。
②インチサイズにおいては、ミレニュームでは1219幅で12cm以上となり、
枠組では1219幅と914幅の一部で12cm以上となることがわかります。
この場合は、布板の固定など何らかの対策が必要となります。
詳細については下記の資料をご確認下さい。 

6月18日に、改正労働安全衛生規則についての新しい資料が公開されました。
 ”足場からの墜落防止のための措置を強化します”
との記述があり、足場の組立てなどの作業に特別教育が必要となりました。
その他にも墜落防止措置の充実施策や鋼管足場に関する規定の見直しなども含まれており、より安心で安全な足場を提供するため、フクムラ仮設としては全社をあげてこれらの項目に取り組んでまいります。

※上記を含むページはこちら

参考資料

  1. 労働安全衛生規則の一部を改正する省令の施行についてpdf
  2. 労働安全衛生規則の一部を改正する省令の概要pdf
  3. パンフレット「足場からの墜落防止のための措置を強化します」pdf
    厚生労働省ホームページより
  4. 床材と建地との隙間について pdf new
    アサヒ産業株式会社より

「トピックス」最新投稿

ページ上部へ戻る